[成形品後貼り型工法] BKU防食工法 工法概要

工法概要

技術の概要

 BKU防食工法は、コンクリートと同等程度の強度特性を持ち、かつ高耐食性を可能である硬質塩化ビニル樹脂成型版(BKUパネル)を防食被覆層とし、接着剤(珪砂を混合した耐酸エポキシ樹脂)で貼り付けるシートライニング工法です。

 BKUパネル「以下パネル」は厚さ2㎜のパネル裏面に30 ㎜間隔に高さ8 ㎜のリブを立て接着性を高めた板材で、耐酸エポキシ樹脂による接着強度に加え、アンカーボルトによって確実に固定され、コンクリート躯体との一体化を図ることが可能です。

BKU断面図
パネルの一例
仕上がり状況
建設技術審査証明書
公益財団法人 日本下水道新技術機構

技術の特徴

(1)施工性

  • パネルは合板型枠と同様、切断・加工ができ、出隅・入隅部の施工が可能です。
    また、樹脂目地材(接着剤)による貼付けが可能です。
  • 目地部は、平滑な仕上げが可能です。

(2)防食被覆性能

  1. 耐硫酸性
    10%の硫酸水溶液に 60 日間浸漬しても被覆にふくれ、割れ、軟化、溶出がありません。

  2. 遮断性

    1) 硫黄侵入深さ
    シート部は、10%の硫酸水溶液に 120 日間浸漬した時の侵入深さが設計厚さに対して 1% 以下です。
    目地部は、10%の硫酸水溶液に 120 日間浸漬した時の侵入深さが設計厚さに対して5% 以下、かつ 100μm以下です。

    2) 透水性
    透水量が 0.15g以下

  3. 接着安定性
    固着強さが標準状態で 1.5N/mm2 以上、吸水状態で 1.2N/mm2 以上

  4. 外観性
    被覆にしわ、むら、剥がれ、割れがありません。

  5. 耐アルカリ性
    水酸化カルシウム飽和水溶液に 60 日間浸せきしても被覆にふくれ、割れ、軟化、溶出がありません。

(3)耐摩耗性

  • パネルは、コンクリートと同等程度の耐摩耗性を有します。

技術の適用範囲

  • コンクリート製水処理施設(新設および補修工事)
  • 作業員の施工スペースを確保可能である矩形管路など(新設および補修工事)
対象施設コンクリート製の下水道施設(処理施設、ポンプ場、下水道管きょ、人孔など)、ボックスカルバート(水路)、その他コンクリート構造物
工事区分新設、改築および更新
施工形状角型構造:作業者が施工可能な規模

タイトルとURLをコピーしました